top of page
宍戸

<経歴>

・首都圏の数か所の犬のようちえんにて勤務

・各種イベントセミナーにてグループレッスンなどを担当

・企業様向け犬用商材のアドバイス

​・ペット情報サイトにてコラムの執筆

​・麻布大学 応用動物心理学実習 非常勤講師

・イギリス各地域のトレーナーとの交流

・アメリカSF SPCAにてトレーニングクラス視察

・犬と人のための大型複合施設WANCOTT立ち上げアドバイザー

・同施設立ち上げメンバー、並びにトレーニングマネージャー、
​ アクティングゼネラルマネージャーとして従事

第一種動物取扱業

事業所名称:Dogtraining FifyMimy
動物取扱責任者:宍戸 瑞貴

事業所:横浜市都筑区北山田2⁻2⁻27

登録番号:83⁻0280(訓練)/83⁻0279(保管)

登録年月日:令和5年5月8日

※メインエリアを横浜に移動のため再取得

有効期限:令和10年5月7日​

About  FifyMimy

ドッグトレーニング フィフィーミミー

~犬の気持ちがわかる家族になるためのトレーニング~

【Mizuki Shishido(ししど みずき)】

・CPDT-KA(米国認定ドッグトレーニングインストラクター)

・ペット栄養管理士

・ペット食育士1級

・DDCTS(ドッグデンタルケアトレーニングソサイエティ)メンバー
・犬の複合施設WANCOTT立ち上げメンバー
​・JKC愛犬飼育管理士

~犬の気持ちがわかる家族になるためのトレーニング~をベースに、学術的な内容に基づき、トレーニングの大前提である

Welfare(福祉・愛護)

Well-Being(幸福で身体的、精神的、社会的すべてにおいて満たされた状態)

Wellness(心身ともにQOLが高い状態)

といった犬と人の気持ちの面も大切に、それぞれのご家族のスタイルに合ったトレーニングや生活環境の改善案を提供しています。

​動物愛護先進国といわれるような国々の良さを参考にしつつ、日本独自の犬の文化を確立していけたらと願っています。私が訪れ勉強したいくつかの国では、犬を迎えるところからの考え方が、日本の文化とは違っていました。”生活スタイルに合った特性の犬種を選ぶ”という考え方が多かったように思います。なので、犬種についてのお勉強をされてから迎える方が多い印象です。

特にアメリカでは動物保護施設にいる犬たちの中から、その犬のバックグラウンド(どういった経験をしていて、なぜ保護施設にいるのか)や性格、特性などを見て、生活スタイルや家族との相性を考えて選び、迎えるというスタイルが多いのが印象的でした。なので、街にはcross breed(雑種)の犬たちが多かったです。サンフランシスコにもSPCA(大型保護施設)があり、そちらのトレーニング施設へも勉強しに行ったことがありますが、保護施設から迎えたら飼い主はトレーニングクラスを受けます。

犬を迎えたらトレーニングを受ける、それが日本でも当たり前の文化になることが理想的であると考えます。
 

イギリスでは、雑種よりもsingle breedの犬たちが多い印象でしたが、やはり、生活スタイルに合わせて犬種を選ぶ方が多く、パピーを迎えたらすぐにクラスを受ける、そんな文化が根付いている印象でした。

それぞれの国に時代的背景や法律改正の過程、課題など様々ありますが、良い部分にフォーカスして取り入れられれば良いなぁと思うのです。

日本でも、社会化やトレーニングが重要だと考える獣医さんが多くなりましたし、パピーパーティや犬のようちえんなどの施設も増えてきましたが、適切な説明ができて、適切な社会化やレッスンがされているところは、正直まだ一握りだと感じます。

また、犬種特有の遺伝病も後を絶ちません。不適切なブリーディングや、心身ともに疾患を持つ親犬から生まれた犬を売っているペットショップも日本は多く存在し、犬を迎える方々にとって、難易度がどんどん上がっているように感じます。

そんな中で、正しい情報を得るための勉強や、ご家族に合った犬種やトレーニングスタイルを考えることはとても重要だと考えています。​

ワンちゃんとご家族の生活がより素敵になるように、お手伝いできましたら幸いです。

​Dogtraining FifyMimyししど ​
 

bottom of page